文楽とか浄瑠璃とか

文楽のことなど徒然に

カテゴリ: 文楽&浄瑠璃:登場人物相関図

This is the Character correlation diagram of Sonezaki Shinju (Lover's double suicide in Sonezaki) Very famous title of  Bunraku, Joruri and Kabuki. 
*You can see by PDF from here.
*Japanese version is here. 
sonezaki_EN

Overview

Title                      : Sonezaki Shinju
Author                  : Chikamatsu Monzaemon
First performance  : May 7, 1703
Premiere               : Takemotoza, Osaka, Japan.
Classification         : life and manners drama
Composition          : Three volumes

Outlena
Outline is here 

How this story was created? 
This story was created based on the actual incident that occurred about 300 years ago. "Tokubei" who is an assistant manager of soy sauce shop Hiranoya and "Ohatsu" who is a prostitute of Tenmaya were double suicide at the forest of Sonezaki, Osaka in April 7, 1703.  Chikamatsu Monzaemon has dramaized the incident and wrote out the Joruri which is a kind of screenplay for Bunraku soon. The first performance was held just only one month after the sad suicide occurred.


Character and Kashira (The head type name of Bunraku puppet)
Character....................Kashira
Tokubei.......................Genda
Ohatsu........................Musume
Kuheiji ........................Darasuke
Tyozo .........................Detti
Otama  .......................Ofuku
Hillbilly  guest............  Hayaku
TENMAYA Owner .....  Hayaku
Prostitutes ...................Musume

Explanation : The first part of "Michiyuki".

sonezaki_EN_01
"Michiyuki" means going on the road or travel in Japanese. In the Joruri and Bunraku, it means the scene that man and women (lovers) having journey together. The final chapter of Sonezaki Shinju begins with the lovers Michiyuki. This lyrics especially first part is very sadness and beautiful. I'd like to try to explain about the meaning of this part.

Original * Reading * Meaning

sonezaki_EN_02
Meaning of each word
sonezaki_EN_03

Translation

This world we live in will be the end,
And tonight will be also the last night.
We are heading for the death.
It seems like frost on the way to the place to bury the dead.
That(light of life) fade away with each step we take(and close to the end).
It’s evanescent and pitiable like a dream in a dream.


Places belonging with this story
*You can visit today.

Ohatsu Tenjin(Tsuyu no Tenjinja) 
2-5-4 Sonezaki Kita-Ku, Osaka 530-0057
Hours:6:00 to 24:00(Shrine Office 9:00 to 18:00)
Admission : Free

Ikutama Shrine
Ikutamacho, Tennoji Ward, Osaka City, Osaka Prefecture, 543-0071
Hours : 9:00 to 17:00
Admission : Free


曽根崎心中 登場人物相関図 描きました。
PDFはこちらからご覧頂けます。
English version is here / 英語版はこちらからご覧いただけます 。
sonezaki



作品概要

題 名:曽根崎心中
作 者:近松門左衛門
初 演:元禄16年(1703年)5月7日 
初演座:大坂竹本座
分 類:世話物
構 成:三巻

あらすじ解説

文化デジタルライブラリー 近松門左衛門 曽根崎心中
文楽ポータルサイト 楽文楽 らくぶんらく曽根崎心中

床本集

生玉社前の段
天満屋の段
天神森の段

※出典:ようこそ文楽へ-鶴澤八介メモリアル 「文楽」ホームページ

図書館デジタルアーカイブ検索結果
国立国会図書館デジタルコレクション「曽根崎心中」検索結果

主な登場人物とかしら名

手代徳兵衛   源太(げんだ) 
天満屋お初   娘(むすめ)
油屋九平次   陀羅助(だらすけ)
丁稚長蔵    丁稚(でっち)
女中お玉    お福(おふく)
田舎客     端役(はやく)
天満屋亭主   端役(はやく)
天満屋遊女   娘(むすめ) 

※平成29年4月公演パンフレットから 

舞台となった場所
※現在も訪れる事が出来る場所

露天神(お初天神)大阪市北区曽根崎2丁目5番4号
難波大社 生国魂神社 大阪府大阪市天王寺区生玉町13-9
大坂三十三観音霊場(個人サイト「ニッポンの霊場」へリンク)

道行き冒頭
sonezaki_EN_01
※意訳
今、生きている此の世も、そしてこの夜も、もう終わりやなあ
死へと向かう この身を例えるなら
まるで埋葬地へと続く道に降りた霜みたいなもんや
一足進むごとに踏まれて(命の灯火が)消えて行く
まるで夢の中の夢のように 儚く哀れやなあ



玉藻前曦袂 道春館 登場人物相関図描きました。
作品概要

題 名:玉藻前曦袂
下敷き:金毛九尾の狐伝承
作 者:近松梅枝軒・佐川藤太合作
初 演:文化3年(1806年)
分 類:時代物
構 成:全五段(三段目切:道春館)

あらすじ解説

文楽ポータルサイト 楽文楽 らくぶんらく
曽根崎心中

床本集

道春館
※出典:ようこそ文楽へ-鶴澤八介メモリアル 「文楽」ホームページ

図書館デジタルアーカイブ検索結果
国立国会図書館デジタルコレクション「玉藻前曦袂」検索結果
大阪市立図書館デジタルアーカイブ「玉藻前曦袂」検索結果

主な登場人物とかしら名

鷲塚金藤次  鬼一(きいち)
萩の方    老女方(ふけおやま)
初花姫    娘(むすめ)
桂姫     娘(むすめ)
采女之助   源太(げんだ) 
中納言重之卿 検非違使(けびし)

※平成27年10/11月公演パンフレットから 

図書館デジタルアーカイブ画像資料

azaji_shibai_03
国立国会図書館デジタルコレクション書誌ID:000000508453

艶容女舞衣 登場人物相関図描きました。
PDFはこちらからご覧いただけます。

hadesugata

作品概要

題 名:艶容女舞衣(はですがたおんなまいぎぬ)
作 者:竹本三郎兵衛・豊竹応律合作
初 演:安永元年12月26日(1773年1月18日)
初演座:大坂豊竹座
分 類:世話物
構 成:全三段

あらすじ解説

coming soon

床本集

酒屋の段
※出典:ようこそ文楽へ-鶴澤八介メモリアル 「文楽」ホームページ

図書館デジタルアーカイブ
国立国会図書館デジタルコレクション「艶容女舞衣」検索結果
大阪市立図書館デジタルアーカイブ「艶容女舞衣」検索結果

主な登場人物とかしら名

親宗岸    定之進(さだのしん)
嫁お園    娘(むすめ)
舅半兵衛   舅(しゅうと)
半兵衛女房  婆(ばば)
茜屋半七   源太(げんだ)
美濃屋三勝  娘(むすめ)
丁稚長太   丁稚(でっち)
娘お通    女子役(おんなこやく)
五人組の頭  武氏(たけうじ)

※平成28年11月公演パンフレットから

お園のクドキ



今頃は半七様どこにどうしてござらうぞ。
今更返らぬことながら、私といふ者ないならば、
舅御様もお通に免じ、子までなしたる三勝殿を、
とくにも呼び入れさしやんしたら、
半七様の身持も直り御勘当もあるまいに、
思へば/\この園が、去年の秋の煩ひに、
いつそ死んでしまうたら、かうした難儀は出来まいもの。
お気に入らぬと知りながら、未練な私が輪廻ゆゑ。
添ひ臥しは叶はずともお傍にゐたいと辛抱して、
これまでゐたのがお身の仇。
今の思ひにくらぶれば、
一年前にこの園が死ぬる心がエヽマつかなんだ。
堪へてたべ半七様、私やこのやうに思うてゐる




妹背山女庭訓「金殿の段」人物相関図を描きました。
写真の入ってるのがこの段の登場人物です。
PDFファイルはこちらからご覧いただけます。

imoseyama_kinden

※お三輪と橘姫の台詞は道行き床本より

作品概要
題 名:妹背山女庭訓
舞 台:大化の改新
作 者:近松半二
初 演:明和8年(1771年)正月
初演座:大坂竹本座
分 類:時代物
構 成:全五段

四段目
杉酒屋
道行恋苧環
三笠山御殿(金殿)←金殿の段・相関図ココ
・鱶七上使
・姫戻り
・竹に雀(四段目の切)

あらすじ
妹背山女庭訓(文楽・歌舞伎とも)
独立行政法人日本芸術文化振興会 文化デジタルライブラリー 

相関図参考文献
1)第131回文楽公演 平成25年7/8月プログラム・床本
2)第142回文楽公演 平成28年4月プログラム・床本

参考資料
国立国会図書館デジタルコレクション
妹背山婦女庭訓 解説「竹に雀の段」玉井清文堂編輯部編 昭和4年出版

大阪市立図書館デジタルアーカイブ

東京都立図書館デジタルアーカイブ
妹背山女庭訓浮世絵アーカイブ

大阪市立大学 上方文化講座2018 妹背山女庭訓 
竹に雀 デモンストレーション



床本
妹背山女庭訓(PDF)

※出典:ようこそ文楽へ-鶴澤八介メモリアル 「文楽」ホームページ

主な登場人物とかしら名
求馬(藤原淡海)   源太(げんだ)
お三輪        娘(むすめ)
橘姫         娘(むすめ)
漁師鱶七(金輪五郎) 文七(ぶんひち)
豆腐の御用      お福(おふく)
金殿の官女      端役(はやく)

※平成28年4月公演パンフレットから

豆腐の御用(※1)

床本内「豆腐の御用」の用語解説

「オヽお清所 を尋ねるなら。そこをこちらへかう廻って。そつちやの方をあちらへ取り、あちらの方をそちらへ取り。右の方へ這入つて左の方を真直ぐに、脇目もふらず滅多多矢鱈にずゞゞゞゞずつと行きや」

このお清所(おきよどころ)は、お台所の意味。


*******

【凡例】

印なし
元記事筆記 2019/02/09

印あり
追記(※1)2019/04/12 
大阪市大2019年度公開授業「大阪落語への招待」
第一回 2019/4/10 久堀裕朗先生のお話より







↑このページのトップヘ