文楽とか浄瑠璃とか

文楽のことなど徒然に

カテゴリ: その他

8月13日、お盆の入に梅田墓発掘調査に関するプレスリリースがありました。

[大阪市公式]
報道発表資料 大坂七墓のひとつ「梅田墓」の発掘調査で
1,500体を超える埋葬人骨が見つかりました


今回の発掘調査箇所はこのあたりやそうです

umeda_08
出典:大阪市役所ウェブサイト

この調査地がどのあたりになるのか、
グーグルマップを使って、
文久3年(1863年)の古地図に重ねて見てみました。

umeda_01

「曽根崎心中」で、お初と徳兵衛は梅田橋で契り
南の茶屋をかえりみて梅田堤を急ぎ曽根崎の杜へ向かう
と、記述があるので、こんな感じになるんかなと。

umeda_03

今の地図に重ねるとこうなる。

この墓地の事は「曽根崎心中」「心中天網島」にも書かれていると
ニュースで初めて知って(ノ∀`)あわてて原作を読み返しました。

該当箇所はここやね。

曽根崎心中(道行き)

umeda_04
出典:新潮日本古典集成/近松門左衛門集 校注:信多純一(S61/10/10発行)

心中天網島(河庄)

umeda_07
出典:新潮日本古典集成/近松門左衛門集 校注:信多純一(S61/10/10発行)

発掘調査が進むにつれ、
大坂という町の人々の暮らしや風習、歴史など
多くのことが明らかになってくるのでしょうね。

その結果として、浄瑠璃に描かれている世界の
新たな解釈も生まれるかもしれん。
そう思うと、ドキドキします。
良い調査になりますように(^人^)

◆おまけ

今回の発掘がお盆の入というのは何かの縁を感じます。
場所柄、奉公人や遊女など、田舎から出てきて
親族に会うこともなく亡くなった人も
多く埋葬されてたでしょうし。

この調査をきっかけに名もなき人の生きた証を
多くの人が知ることになったのは、
何らかの意思があるんかも。

ちょうど盂蘭盆会で、皆、帰ってきてるから
お出会いしたかった人と再会なさったんやないでしょうか。

良い盂蘭盆会を過ごして、幸せにお戻り下さいますように(^人^)





9月1日は午後から天王寺のいくたまさん(生国魂神社)へ。
まずは本殿にお詣りして、
そして、境内末社の浄瑠璃神社へ、初めてお詣りさしていただきました。

IMG_0947

浄瑠璃神社は近松門左衛門さん、
そして文楽の先賢をお祀りしているお社です。

IMG_0948

この神社のことは、春から夏にかけて寄せて頂いた
大阪市大の公開講座「大阪落語への招待」の授業で
春團治師匠から伺いました。

この講座では、師匠と春雨さんの授業、そして寄席を
無料で14回も受講さしていただいたので
ほんのお礼の気持ちとして、
彦八まつりに、ちびっと協賛をさしてもろたんです。

ほんで、手ぬぐいと、奉納落語会の招待券を頂いたので
そちらに伺うため、生まれて初めて、いくたまさんに寄せて頂き
そのご縁で、浄瑠璃神社にも詣らして頂きました。

IMG_0949

お詣りの後は、奉納落語会で大笑いし
噺家バンドライブを堪能
そして河内音頭でン十年ぶりに踊り
フィナーレまで彦八まつりにどっぷり。

IMG_0950

河内音頭はもうよう踊らんと思うてたけど
江州音頭が始まったら勝手に身体が動いて輪の中へ。
プロの歌い手さんの歌で踊ったのは40年ぶりくらいで
ほんまに嬉しかったです。

ウチは河内長野シティの出身で
子供の頃は、盆踊りと聞けば浴衣を着て飛んで駆けつけ、
鼻緒が擦れて足から血が出ても踊ってる、そんな子でした。

その頃の盆踊りは、常にプロの歌い手さんが来て
1時間くらいぶっ通しで物語をやってくれはったんです。
それも好きやった。

IMG_0954

着物の原点も盆踊り。

浴衣を着て踊りに行きたい、
共働きやった母の帰宅を待たずに早よ行きたい
そのために自分で着られるようになりたい

その思いが高じて、中学1年か2年の頃、
押入れにあった古い婦人雑誌の解説を見ながら
1人で汗だくになって着付けの練習をして
文庫が結べるようになったんや。

ウチの着付けは今もその延長で(〃∇〃)
この歳になるまで誰にも一度も教わらずに着付けてます。

IMG_0960

初めて結んだ帯はICカードケースにリメイクして
今も一緒にあちゃこちゃお出かけ。
叔母のお下がりの兵児帯やから
帯年齢たぶん100歳近いと思うんやけど
まだまだしっかりしてます。

いくたまさんに詣って
浄瑠璃神社に詣って
彦八まつりで遊んで
河内音頭を踊ったら
長い間忘れてた、いろんな事を思い出しました。
全部楽しい思い出ばかりで嬉しかった。

良いお詣り、そして お祭りでした。
有難うございました(*´ω`*)



国立文楽劇場友の会 
文楽公演観劇ラリーの記念品が届きました。

今までにもらった記念品とその行方は

1.三番叟の手ぬぐい⇒カリフォルニアにお嫁入り
2.ひざかけ⇒どこかのお寺さんに忘れてきた
3.福娘のトートバック⇒現役稼働中
4.つめやんのメガネ拭き⇒現役稼働中

5個目となります記念品は

P3290016

がま口キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ !!!
とてもしっかりした作りのオサレながま口です。

P3290018

中には「ぶんとも」のマークが

P3290020

早速ペン類を入れてみました。
ええ感じです。

P3290031

鈴もつけたやで(*´ω`*)

今年は引きこもりを返上して
市民講座とか大学の公開講座とか
そういうところに参加しようと思っているので
このペンケースは重宝しそうです。
大事に使わせていただきます(^^)

この度はおおきにでした。



P4280047

吉田玉助さんの 襲名記念 文楽せんべいです。

幸助改玉助さんの奥様はイラストレータ中西らつ子さん。
文楽のストーリーを解説したマンガや夏休み親子劇場のチラシなど
可愛らしいイラストを描かれている方です。

今回、ご主人幸助改め玉助さんの襲名披露のために描かれたイラストは
電車のプレートなど様々なシーンでお披露目されていますが
文楽せんべいにもなっていました。

P4280050

よう似てはる。
可愛いですね(*´ω`*)

「玉助」は文楽の大名人、吉田玉造の系譜に繋がる名前と記憶しています。
幸助さんのお祖父様が3代目を名乗った後、お父様は襲名することなく
この度、孫である幸助さんが5代目をお継ぎになりました。
(4代目はお父上に追贈)

文楽は世襲ではありませんから
血筋だけで名前が継げるわけではありません。
今回の襲名は、御本人の力量、周囲の勧めはもちろん
いろいろなご縁のめぐり合わせで叶ったのだと思います。

襲名披露公演では、この名前を継ぐご覚悟が
人形の迫力を増し、強く大きい、素晴らしい遣いをなさっていました。

文楽で50歳はまだまだお若い。
これから玉助の名とともに、素晴らしい人形遣いになられますよう
心より祈念しております。

P4280051

今朝のお点前と一緒に。
美味しくいただきました(^^)





ツイッターでバッグを見せる大喜利があったので
文楽バッグで参戦しました。

せっかくなので備忘録上げておきます。

◆つめやんトートバッグ

P4110121

2014年の春かな?その頃に文楽劇場で買ったものです。
ランチボックス用の小さなトートですが
大ぶりのカメラを入れるのに重宝しています。

◆Discover BUNRAKU トートバッグ

P4110122

2016年6月 初めて外国人向けにやらはった
Discover BUNRAKUで貰ったものです。
この時のレポートはこちらです

◆文楽友の会観劇ラリー記念トートバッグ

P4110123

昨年の記念品です。
着物でも合うデザインなので時々使ってます。

文楽関係ないけど、バッグの大喜利は面白いですね。
すごく色んなバッグがあってワクワクしながら見ていました。

先週末から始まった4月文楽公演はご盛況のようで何よりです。
私は後半、2日に分けてチケットをゲット。
今から楽しみです(*´ω`*)


文楽の世界「妹背山婦女庭訓」「山の段」
豊竹山城少掾
日本コロムビア
2006-07-19




↑このページのトップヘ