土曜日は春文楽、妹背山女庭訓の第一部へ。

P4230075.jpg

先行予約で取ったチケットを母に譲ったのでもう難しいかと思うていたんですが
どうしても「山(妹山背山の段)」が見たくて、少し後方ながらもチケットゲット。
やっぱり行ってヨカッタです(*´ω`*)

P4230064.jpg

妹山背山の両岸に別れた舞台の真ん中を流れる吉野川。
太夫・お三味線もその両側に別れ床そのものが掛け合いになる。

愛しい人を助けたい恋人同士、その気持をくみ取って我が子を手に掛ける親心。
そこにいる皆が互いを思いやった挙句悲しい結末に。
どっちも可哀想やったなあ。

P4230065.jpg

簑助さんの雛鳥、そして和生さんの定高ヨカッタわ。
和生さんという方はこういう腹の中でぐっと何かを耐え忍ぶ熟女を遣うと最高にいい。
千歳太夫、藤蔵さん VS 呂勢太夫、清治師匠。お見事でした。

嶋太夫の引退はほんまに残念なことでしたが
良いお弟子さんを残されたと思います。
けどやっぱり嶋太夫、聴きたかったなあ(;;)


◆おまけ◆

文楽のお土産はお三輪ちゃんの純米酒(〃∇〃)

P4230076.jpg

いつも公演毎にオカンに文楽せんべい買うてたんやけど
これからは自分のために何か買おうと思います。
酒かい!という感じではありますが、これが一番好きやし。
美味しかったで(〃∇〃)

◆おまけその2

翌日曜日は実家にて三七日忌そして庭掃除。
その後は納戸から色々ブツを発掘。
井戸型の抹茶碗が出てきたので今朝はそれで点ててみました。
美味しくいただきました(^^)

P4250097.jpg