昨日10月18日は淡路人形座へ
特別公演「和のよそおい、大人のお出かけ」に伺いました。

awaji

この公演は、淡路人形座では初めての
来場者のお召し物を和装に限定したイベントです。
「和服を持っていても着ていく場所がないと言う方が多い」と
呉服屋さんから伺った若手技芸員さんの発案で企画されました。

詳しくはこちらの記事をご一読下さいませ。
和装で気軽に浄瑠璃鑑賞を 9カ月ぶり特別公演 兵庫の淡路人形座
(神戸新聞NEXT 10/13(火) 10:00配信)


会場にお出ましになられた皆さん、とても素敵で、華やかでしたね。
内容も、千本桜の道行き、着付解説、そして衣装山と、
時間の経過とともに、どんどん華やぎが増して、
フィナーレの撮影会の時には、舞台に色とりどりの花が咲き
笑って並んでいるかのようでした。



◆義経千本桜 道行初音旅

曲と詞章の美しい大好きな道行きです。
旅路の風景と、源平合戦の様子(ここに至る経緯=時間の旅路)を
浄瑠璃がうたい人形が踊りで表現する。

淡路の浄瑠璃は、語っている内容が聞き取りやすいので
人形が今、何を表現しているのかが、よくわかります。

継信の戦いを回想するくだりなど、
浄瑠璃と人形が見事に重なって
おお!と思わされたことでした。

全体を通して、床も手摺も皆さん素敵で、
聴き応え見応えのある道行きでございました。

◆人形着付トークショー

人形の着物を解きながら(解体しながら)
ときどき、思い出話なども交えて、
丁寧な解説をしていただきました。
とても興味深く聞かせていただきました。

◆衣装山

昨年2月の淡路、同じく9月の文楽劇場に続いて3度目の鑑賞です。
何度見ても飽きない、どころか、もっと見たいと思わせる。
素敵な演目です。

◆衣装山撮影会

てっきり客席からやと思うてたら、まさかの舞台で撮影会。
衣装山も間近で見せていただくことが出来ました。
嬉しかったです。
竿にかかった衣装は、今では制作が難しいような
大胆な構図に繊細な刺繍が施されたものが多く、
ドキドキしながら鑑賞させていただきました。

IMG_4757

イベントの後は、福良八幡様にお参りに。
今回もご縁をいただけて嬉しい限りです。

IMG_4755

淡路人形座の皆さん、
この度はお世話になりました。
華やかで楽しい、素敵なイベントでした。
有難うございました(*´ω`*)