8月13日、お盆の入に梅田墓発掘調査に関するプレスリリースがありました。

[大阪市公式]
報道発表資料 大坂七墓のひとつ「梅田墓」の発掘調査で
1,500体を超える埋葬人骨が見つかりました


今回の発掘調査箇所はこのあたりやそうです

umeda_08
出典:大阪市役所ウェブサイト

この調査地がどのあたりになるのか、
グーグルマップを使って、
文久3年(1863年)の古地図に重ねて見てみました。

umeda_01

「曽根崎心中」で、お初と徳兵衛は梅田橋で契り
南の茶屋をかえりみて梅田堤を急ぎ曽根崎の杜へ向かう
と、記述があるので、こんな感じになるんかなと。

umeda_03

今の地図に重ねるとこうなる。

この墓地の事は「曽根崎心中」「心中天網島」にも書かれていると
ニュースで初めて知って(ノ∀`)あわてて原作を読み返しました。

該当箇所はここやね。

曽根崎心中(道行き)

umeda_04
出典:新潮日本古典集成/近松門左衛門集 校注:信多純一(S61/10/10発行)

心中天網島(河庄)

umeda_07
出典:新潮日本古典集成/近松門左衛門集 校注:信多純一(S61/10/10発行)

発掘調査が進むにつれ、
大坂という町の人々の暮らしや風習、歴史など
多くのことが明らかになってくるのでしょうね。

その結果として、浄瑠璃に描かれている世界の
新たな解釈も生まれるかもしれん。
そう思うと、ドキドキします。
良い調査になりますように(^人^)

◆おまけ

今回の発掘がお盆の入というのは何かの縁を感じます。
場所柄、奉公人や遊女など、田舎から出てきて
親族に会うこともなく亡くなった人も
多く埋葬されてたでしょうし。

この調査をきっかけに名もなき人の生きた証を
多くの人が知ることになったのは、
何らかの意思があるんかも。

ちょうど盂蘭盆会で、皆、帰ってきてるから
お出会いしたかった人と再会なさったんやないでしょうか。

良い盂蘭盆会を過ごして、幸せにお戻り下さいますように(^人^)