国立国会図書館デジタルコレクションで公開されている
奥奉公出世雙六です。
とても楽しい双六なので、これを1つずつ分解してみたいと思います。
双六に書かれている台詞は双葉社様の翻刻を使わせて頂きました。
意訳は私がしているので、おかしな箇所も多いかと思いますが何卒ご容赦を。

okubouko_small_size
奥奉公出世双六
著者:国貞改二代豊国 出版者:上州屋重蔵 
国立国会図書館デジタルコレクション

御めミえ(お目見え) ーおめみえー
御台所への目通しが許された上級の女中。
omemie



賽の目
二:おなかゐ
四:おちち
六:おはした

しほくミの御手
ミせハモウおきゝ
あきなされたから
水くミがきゝ
たいとおほせ
られるマア
とんだ
おひめ
さまの
御このミだ

【意訳】
「汐汲み(曲の題名)」は聞き飽きたから「水くみ(※こんな題名の歌はない)」が聞きたいとおっしゃるのよ。まあ、とんだお姫様のお好みですこと。


針妙 ーしんめう(しんみょう)ー
奥で裁縫に従事する女中。
shinmyou





賽の目
一:おどり
三:おいとま
六:おぐしあげ

モウだんなさまが
おさがりだらう
ドレしごとをやめて
おちやを
わかさうか

【意訳】
そろそろ、ご主人様が、お戻りになられる頃ね。さて、仕事は止めて、お茶を沸かしましょう。

御はした ー御端下おはしたー
風呂や台所の水くみ、掃除などの雑用係。
御目見え以下の中でも、一番下の女中。
ohashita






賽の目
三:おすゑ
四:おなかゐ
六:おやとひ

此はるのやうにおきやく
さまがあつてハ
ろく/\御ぜんも
あがることハ
できません
そのかハりにハ
いまにおやく
がへが
ござり
ませう

【意訳】
この春のように、お客様が(次から次に)いらっしゃっては、お食事を召し上がる事もままなりませんね。そのかわり、今にお役替え(ご出世)がございましょう。


御暇 
ーおいとまー
リストラ/クビ。
oitoma





賽の目
一:おめミえ
二:志んめう(針妙)
六:おちち

はゝさんの
まへハどの
やうにも
いハうが
とゝさんに
きこへてハ
どの
やうな
めに
あハ
されやうか
しれぬゆへ
これからおばさんの所へいつて
たのミませう

【意訳】
お母様にはどのようなことでも(お暇の理由は)お話出来るけど、お父様の耳に入っては(お怒りになって)どんな目にあわされるかわからないから、これから叔母上様の所へ行って(お父上様に怒られないように、お口添えを)お願いしましょう。

御里はじめ ーおさとはじめー
furidashi
國貞改二代豊国画 万𠅘應賀作

賽の目
一:おめミえ  二:おやとひ 三:お礼上がり
四:おはした  五:しんめう 六:おすゑ