国立国会図書館デジタルコレクションで公開されている
奥奉公出世雙六です。
とても楽しい双六なので、これを1つずつ分解してみたいと思います。
双六に書かれている台詞は双葉社様の翻刻を使わせて頂きました。
意訳は私がしているので、おかしな箇所も多いかと思いますが何卒ご容赦を。

okubouko_small_size
奥奉公出世双六
著者:国貞改二代豊国 出版者:上州屋重蔵 
国立国会図書館デジタルコレクション

御守 ーおもりー
※どのような役職かわからない。多分字のまま子の御守りかと(;´∀`)
omori

賽の目
三:ごゆうひつ
五:おちゃのま
六:おはした

アレ/\わかさま
おとゝさまがおかゝ
さまのところへ
いらせられ
ました
から

やく
まいつて
ごきげんを
うかゞひ
ませう

【意訳】
あらあら若君様、御父上様が御母上様の処へいらっしゃいましたよ。早く参じて、ご機嫌を伺いましょう(御父上様にご挨拶いたしましょう)。


御乳 ーおちちー
奥で生まれた若君、姫君に乳を与える女中。御乳持。
ochichi



賽の目
一:おつぎ
五:お礼上り
六:ごふくのま

コレうばや
うばやナ
だまつてい
てはさつき
から
すこしも
ねずに
手まへの
もり
ばかりして
ゐる

【意訳】
これ乳母や。黙っていれば、さっきから、少しも寝ずに、僕のお守りばかりしているじゃないか。

呉服の間 ーごふくのまー
将軍と御台所の着物を仕立てる女中。御目見え以上。
gofukunoma



賽の目
二:ごゆうひつ
五:おもてづかひ
六:おすゑ

どうかして
此おめし
ものをらい
ねんのおなんど
ばらひにいただき
たいものだが
そうむまくゆけば
いいが大かたらい
ねんもくだされ
ものハ
ごゑんにて
たろう

【意訳】
なんとかして、このお召し物を、来年の御納戸払で下賜して頂きたいけれど、たぶん来年も、賜るものは、ご縁なのでしょうね。
※御納戸払(おなんどばらい)
年末に御台所から着物や身の回りのものが女中に下賜されること。

御髪上ケ 
ーおぐしあげー
奥にて髪を結い上げる役目の女中。
ogushiage



賽の目
二:へや子
四:おやとひ
五:おこしゃう

明日御下やしきの御かへりにはすミだ川の
土手をおひろひ
あそばせ
どの
やうにか
花が
よろ
しいと
おしたの
ものが
申ました

【意訳】
明日、下屋敷からお帰りの節は、隅田川の土手を通ってお戻りなさいませ。桜の花が美しく咲いていると、下の者が申しておりました。

御祐筆 ーごゆうひつー
奥の文書係。
goyuuhitsu




賽の目
一:おそば
二:おどり
三:表使

ちよつとでも
御返書を
おしたゝめ
あそば
せバ
よいに
いつでもおだいひつ
おきのどく
さまな事だ

【意訳】
ほんの少しでも、お返事を、したためて差し上げれば良いのに、いつでも私の代筆ばかりなんて、お気の毒なことだわ。

部屋子 ーへやごー
上級の女中により、奥で囲い育てられた(親戚や裕福な町人の)娘。
年頃になると御中臈候補(殿様の側室候補)に推薦された。
heyago




賽の目
一:お三のま
二:お茶のま
五:おはした

なんでもおさがりのないうち
たんとあそんでおかぬといまに
琴をさらへと いハれ 升

【意訳】
奥様がお戻りになられない間に沢山遊んでおかないと。すぐに、お琴の(お稽古の)おさらいをするように言われるわ。