文楽とか浄瑠璃とか

文楽のことなど徒然に

カテゴリ: 「文楽の研究」(三宅周太郎著)を読む

【出典】
「文楽の研究」(三宅周太郎著)中の巻 文楽人形物語並びに終戦後の文楽
その2-1、人形遣ひさまざま
P1210498

初代 吉田玉造(幼名・亀吉)は、幼い頃から文楽が好きで
父である人形遣いの徳蔵に「舞台に出たい」とせがんでいました。

初出勤は天宝十年(1839年)の竹田芝居(後の弁天座)です。
徳蔵の、子ども太夫による操り芝居出演に同行し、その際に
円顔(まるがお)やからという理由で「玉造」という名をもらいます。
当時11歳。後の名人、吉田玉造、文楽人生の始まりです。

とはいえ、玉造に役などつきません。足さえ持つ事もできず、
毎日泣きながら雑用にこき使われるばかりでした。

そんな時、一座の四国巡業で、初めて玉造に役がつきました。
「伽羅先代萩」の「鶴千代」です。
玉造は喜びますが、千松を遣う人形遣い(以下、千松君)は
「こんなチビが相手でやれるかい」と納得しません。

「出してほしい」と一生懸命頼む玉造に千松君は
「ほなオマエの昼飯よこせ、まかないの弁当少ないで足らんから」と
交換条件を出します。

仕方なく玉造は千松君に興行の間ずっと自分の昼飯を渡し
引き換えに鶴千代を遣いました。この時の空腹の辛さは役柄である
鶴千代以上やったと、後年、玉造は茶飲み話によう話したということです。

苦行のおかげか、この鶴千代は大好評を博しました。
次は父、徳蔵とともに文楽座へ出勤し、
綱太夫「関取二代鑑」秋津島内の段で伜力造を遣います。

この時、太夫は玉造の芸を認めてくれたのですが
徳蔵は「なってない」と言うひどくて怒ります。
挙げ句、その遣いがどないしても気に入らんと
まだ弱冠14歳の玉造を勘当してしまうのです。

こんな教育を受けて育ったせいか玉造はちょいと
頭に血が昇りやすい、かなり気の強い性格やったようです。

その性格ゆえに引き起こした喧嘩に関しては
初代吉田玉造さんのこと(二)でご紹介したいと思います。


文楽の研究 (岩波文庫)
三宅 周太郎
岩波書店
2005-08-19




【出典】
「文楽の研究」(三宅周太郎著)上の巻文楽物語
その3-1義太夫武勇伝
P1160425

当時としては珍しい恋愛家だった三代目越路太夫。
色恋沙汰が過ぎて師匠である摂津大掾から何度も破門されるほどだったようです。

そんな越路太夫、ある時、大阪の芸妓と恋に落ち
周囲にやいやい言われるので、手に手をとって明石の浜へ。

そこで二人一緒に崖から海に飛び込み心中しようとした瞬間

「あっ、忘れてゐた。今は丁度わしの床へ上がる時間や。」

と、越路太夫は叫び、恋人の芸妓がびっくりしているのにも構わず
そそくさと駅に向かい汽車に乗り

「役をすましてから来ます。」

と、言うて一人で大阪へ。

心中はおじゃんになりました。

その後、芸妓さんがどないなったかはわかりませんが
こんな心中未遂があったと言うお話です。

三代目越路太夫と言えば明治大正の大名人。
こんな武勇伝(なのか?)が残っているというのは面白い。

恋と文楽 追い詰められて、ギリギリ決着のところで
太夫は文楽を取ったということになりましょう。
(そう解釈しておきます(*´ω`*))

三代目竹本越路大夫(wikiより転載)

(慶応元年10月6日(1865年11月23日) - 大正13年(1924年)3月18日)
本名:貴田常次郎。

和泉国(泉州堺市甲斐町)生まれ、8歳で女流の鶴澤由松、
10歳で豊澤團七に師事、この頃は小常太夫といった。
1878年に2代目越路大夫に入門し幼名を竹本常子太夫という。
1889年3月に竹本さの太夫と改名。
1898年3月に6代目竹本文字太夫に改名。
1903年に「長局」で3代目越路大夫を襲名、
1915年、文楽座の紋下となる。
「太十」「勘助内」などを得意とした。

文楽の研究 (岩波文庫)
三宅 周太郎
岩波書店
2005-08-19







3861f9bd.jpg
ゴールデンウィーク前にある小説の書評でこの本の存在を知りました。

★4つ、5つが並ぶ書評に唯一★一つをつけた厳しいものでしたが
その小説を読んで、なんともいえないモニョル気持ちでいた私にとって
一番納得のできる、とても良い書評でした。

評者は作者が参考資料として本来読むべき資料陣にあたっていないことに言及し
ちょっと残念やと柔らかく苦言を呈していました。
その中にこの「文楽の研究」が紹介されていたのです。

そんなことでこの本に興味を持ち、早速読むべしとアマゾン内で検索したのですが
すでにコレクタ本扱いで結構なお値段がついています。
文庫で3800円とか(@@)

どうしても仕事で当たるべし資料ならそれでも良いのですが(経費で落とす^^;)
これはそうではありません。

※2018年1月20日追記
 現在文庫はかなり安価で古本が出ています。
 ご興味のある方はぜひぜひご一読下さいませ(*´ω`*)


こんな時、頼りになるのはやっぱり昔ながらの古本屋さん。
ということで「日本の古本屋」をはじめとした古本屋さんポータルサイトをあたったところ
埼玉の古資料屋さんに1セットありました!セットで1200円、送料200円。
てなわけで速攻オーダー、ゲットしたわけです。

bd5d49ed.jpg

本を開くとそこには随分古い写真、
そしてびっしり書かれた昔の漢字かな使い。

一瞬ひるみましたが、何、文字なんてものは
タテ・ヨコ・ナナメウシロから繰り返し読めば意味は理解できるはず
と、開き直って読み始めました。

しかし、本当に面白い。というか興味深いことが沢山書いてあります。
その一つ一つがしっかりとした取材に基づくものですから
一行一行が体温を伴って本の中から立体になって飛び出してくる。

ただ、なんせ字がわからんもんで読むのにかなり時間がかかります。
で、読み進めるウチに先の部分を忘れてしまう(;´Д`)
中にはちゃんと残しておきたい大切なポイントが沢山あります。

ccc39cb3.jpg

そんなわけで自分のメモというか備忘録的に、この本を読みながら
ポイントをちょっとずつブログにアップしていこうと思います。
まだ著作権は残っているのでその辺は充分気をつけながら。

とても深い内容なので、あと2年して著作権が失効すれば
公的機関でデジタルアーカイブ化してしっかり保存していて欲しい。
そんなことを思いつつ。

どうぞご興味のある方は拙い読書備忘録にお付き合い下さいませ。

※2018年1月20日追記
 昨年著作権が切れました。
 これから少しづつこの本の中身を紹介していきたいと思います。


文楽の研究 (岩波文庫)
三宅 周太郎
岩波書店
2005-08-19


続・文楽の研究 (岩波文庫)
三宅 周太郎
岩波書店
2005-09-16










↑このページのトップヘ