文楽とか浄瑠璃とか

文楽のことなど徒然に

カテゴリ: 浄瑠璃

2月17日は生まれて初めて淡路島へ、これまた人生初見となる
淡路の人形浄瑠璃『淡路の演目・演出披露公演「妹背山女庭訓」』を
観に行って来ました。

門戸厄神さんで「えびすかき」を観て以来、
いっぺん淡路の「戎舞」を観たいと思うていたんですが、
年明けの西宮公演はチケットが取れず、
ご縁が頂戴できひんのかなとしょんぼりしていたところへ、
本公演の案内を頂き、これは行くしかないやろ!と、伺った次第です。

P2170109

淡路の人形浄瑠璃と大阪の人形浄瑠璃・文楽はどう違うのかと、
以前は考えたこともありましたが
最近は、同じ種「傀儡子」から誕生し、
それぞれ異なる進化を遂げるとともにに、
互いに影響しあって今に至る「似て異なる芸能」と
自分の中で(思い込みですが)答えが出ているので、
今回は余計な事も考えず、人形浄瑠璃を楽しませて頂きました。

衣装山
新聞記事:衣裳山よみがえる 淡路人形座 : 地域 ( 読売新聞オンライン)

黒は黒、赤は赤と衣装の色味を揃え、竿に通し
その竿を変わりベッタンで上下させる「衣装山」。
見応えがありました。あの衣装は刺繍でしょうか。
龍を背負った赤い緞子はいっぺん着てみたい(*´ω`*)


昔むかし、淡路の人形芝居が全国を巡業していた頃
庶民の身につけるものは地味なモンやったと思います。
村や町にも、さほど彩りはなかったでしょう。

地味な村の中に立つ、地味な色(観客)で埋め尽くされた芝居小屋に
綺羅びやかな衣装の山がかかる。
その華やかさに、どれほど人々は見惚れ、彩りを楽しんだことか。

淡路の衣装が豪華であり続けた、られた理由には色々ありましょうが
何よりもまず、行く先々で人々に喜んでもらうためやったんやろなと
思わされたことでした。

awaji
新聞記事:衣裳山よみがえる 淡路人形座 : 地域 ( 読売新聞オンライン)

妹背山女庭訓四段目

道行恋苧環

友里希さん、とても良かったです。
掛け合いを離れて彼女の声が通った瞬間「おお!」と思いました。
お若い方ですが、なんというか、聞きたくなる発声をしていはる。

晩年の鶴澤友路師匠にもお稽古してもろてはったようで
それが彼女を支える骨となり、人生で経験する様々が
筋肉となって骨に付き、丈夫な体躯となりましょう。

これからも益々ご精進あそばして、
ぜひ良い太夫さんになって下さいね(*´ω`*)



入鹿御殿の段

友庄さん、ヨカッタです。

豆腐の御用は可愛く
女官はイケズで
鱶七は雄々しく激しく
そして、難しいお三輪の心の変化まで
お見事でございました。

新九郎さんの早変わり、凄かったです(@@)

淡路独自の演出やと、事前情報があったにも関わらず
実際に目の当たりにしたその芸は、想像以上にダイナミックで
女形から立役という变化もこれまた見事で、
すっかり驚かされてしまいました。

淡路の人形はかしらが大きく
鱶七など「どっしーん!」とした迫力があるのですが
お三輪から早変わりすることで、よりいっそう大きく見える。
花四天との殺陣も豪快で。
ゴージャスな良い人形浄瑠璃にございました。

淡路人形協会 上居副理事長のご挨拶と久堀先生の解説を伺って

江戸期、淡路では、島内のごく狭い特定集落に
人形芝居を生業とする人々が暮らしており、
全国を巡業をしながら芸を発展させてきたとか。

藩の庇護もあり、最盛期には40もの座数があったらしく、
島の一大産業やったと思います。

残念ながら、明治以降は衰退し、
現存するのは淡路人形座のみとなっていますが、
今では島を上げて保存・発展に取り組んでいるご様子でした。

今回の演目「妹背山女庭訓/道行恋苧環・入鹿御殿の段」は

イケメン侍が自分の目的のために村娘とエエ氏の姫を手玉に取る
村娘と姫がイケメンを取り合いキャットファイト
イケメンは自分の目的達成のため条件付きで姫と祝言
騙された村娘は姫の御殿で女官にいじめ抜かれ
鬼の形相になったところで「その顔の血が必要」と
別の大侍に刺し殺され血を抜かれる

という、浄瑠璃にはよくあるパターンの、
三角関係の縺れからライトなエロトークを挟み
イジメて恨んで血飛沫ブシャーな時代物の悲劇でしたが、
小学校低学年くらいの子供たちも来ていて、
さすが淡路!と、その地元力に驚かされました。

来年度からは小学1年生から中学3年生まで、
人形浄瑠璃を通じての、コミュニケーション能力を高める
取り組みが始まるということで、
淡路のDNAが、時間の経過とともに、どう蘇るのか
楽しみでなりません。

橋と高速道路のおかげで、淡路の南端、人形座の拠点・福良も、
三宮からバスでわずか1時間半の距離となりました。
思っていたよりも近かったので、また機会があれば、
日帰り旅行がてら楽しみに行きたいと思います。

この度のご縁に感謝して、
引き続き、ご縁を頂戴できますように(^人^)

ありがとうございました












8月19日はリーガロイヤルホテル大阪へ
エコールドロイヤル特別公開講座
第3回女流義太夫竹本駒之助の至芸
「冥途の飛脚 封印切の段」を聴きに伺いました

Dk84bX8UUAAAq1J

冥途の飛脚は宝永7年(1710年)実際に起きた
飛脚屋の横領事件を題材に近松門左衛門が描き上げた全三段の世話物です。
初演は正徳元年(1711年)竹本座。

ざっくりした情報は日本芸術文化振興会の
文化デジタルライブラリーでご覧頂けます。

◆文化デジタルライブラリー「冥途の飛脚」


あらすじは

「飛脚屋の養子忠兵衛が新町の格子女郎梅川に入れあげ相思相愛になり
身請け話しを破談にするため客の金300両を横領して遊郭で撒き散らし
梅川と2人故郷の新口村へと逃げ忠兵衛のおとっつぁんと会うも結局捕まり(rya」

みたいな感じで、文楽の様式美「ええええそやったん?」もなければ
息を呑むほど美しい殺しや心中シーンもありません。

けれど描写される情景や登場人物の心模様のコントラストが激しく
封印切など一段聞けばどっぷり浄瑠璃の沼にはまり込んで一週間は出られない
それほど聴きごたえのある浄瑠璃です。

そんな段を駒之助師匠と津賀花さんで聞けるやなんて。
夏休みの終わりにこれほど楽しいことはないと
一張羅の絽を着付けて出かけました(*´ω`*)

以下、個人的な感想を。

fuingiri
写真:文化デジタルライブラリー 青木信二さん

◆封印切の段

始まりは津賀花さん。
お三味線が賑やかな郭を描き出し会場全体を新町に誘います。

ええなあ、郭門くぐるてこんな感じかなあとウキウキしたところへ
気を落とした梅川が現れ

女郎や禿が拳をしてキャッキャと遊ぶ傍らで
惚れた男への純情を持ちつつも、金に左右されるしかない
自分の身の上を嘆きます

禿が謡う可愛らしい浄瑠璃と
やり切れん女郎の悲しい口説き

 -傾城に誠なしと世の人の申せども、
  それは皆僻言訳知らずの詞ぞや-

そこへやってくる八右衛門。
梅川は「ウチがいてるて内緒にして」と言い
女郎達は階段を降りていきます。

****
ここのお三味線は素晴らしかった。
女郎が階段を降りていく音がしっかり聴こえました。
ああ、みんな降りてる降りてる~いう感じ。
****

豪快な八右衛門は忠兵衛の遣い込みを話し鬢水入れを見せる

それを見ながらはあ、あ、あああと怖気づく女郎の顔

2階で畳に顔を擦り付けて声隠し泣く梅川

隠れて聞いていた忠兵衛は懐に入れていた
仕事の金300両に手を着けるか否かで自分自身と押し問答

*****
登場人物皆の心根仕草が全く違う場面を
師匠と津賀花さんが語り分ける
見事でした

*****

そしてクライマックス封印切

荒ぶる忠兵衛 
止める八右衛門 
飛び交う小判
涙にくれる梅川

  -情けなや忠兵衛様

  -わしを人手にやりともない それはこの身も同じこと

  -大阪の浜に立つてもこなさん一人は養ふて
   男に憂き目はかいえまいもの
   コレ 気を静めて下さんせ

座敷に散らばった嘘と罪で光る小判の上に
水晶のような真実の涙が落ちる

*****

この場面のなんと美しかったこと。
近松の作品はこれほど美しかったんかと
改めて感じさせられたことでした

*****

梅川の心を聞いた忠兵衛は荒ぶりから一転有頂天
養子に出る時、おっかさんが持たせてくれた金やと嘘を重ねます

ようもまあそんな嘘が出てくるもんやと呆れるほどに
エッヘン!な感じでスラスラと

八右衛門は訝しながらも借用書と金を引き換え
郭の衆もこれで一件落着とぞろぞろ帰り
後に残った梅川は喜びと安心で一気にマターリ
盃してお祝いされて大門を出られるとおっとりしたのもつかの間

忠兵衛わっと泣き出し

 -いとしや何も知らずか この小判は堂島のお屋敷の急用金
  
 -そなたの心の無念さを晴らしたいと思ふより
  ふっと金に手をかけて もう引かれぬは男の役

 -地獄の上の一足飛び 飛んでたもや

忠兵衛は梅川にしがみつきます

それ見たことか、ならば命は惜しくない、2人で死のうという梅川に
生きられるだけは生きるんや!と、奮い立つ忠兵衛

死を覚悟の逃避行を心に決めた2人のもとに
金の出所を知らん女将と禿がめでたいめでたいと戻ります。

 -めでたいと申そふか お名残り惜しいと申そふか 
  千日云ふてもつきぬこと

 -エ、その千日が迷惑

梅川は忠兵衛の袖にすがり 忠兵衛は梅川を抱き寄せ
二人で七転八倒しながら郭の出口へ

 -ゆふつげ鳥に別れ行く 栄耀栄華も人の金
  果は砂場を打過ぎて 跡は野となれ大和路や 足に任せて出でて往く

*****

まるでジェットコースターのように
梅川と忠兵衛の心情、表情が変わる。
最後に覚悟を決めた二人が目の前で足を躓かせながら郭を去っていく
その足音、息遣いまで聴こえるようでした

梅川は格子女郎にも関わらず一途で
忠兵衛は色気の走る短期な阿呆で
八右衛門は男気溢れる豪快な商人で
禿は可愛く女郎はけだるい

賑やかしさ、憂い、呆気、友情、怒り、喜び、自慢、悲しみ
死への覚悟エトセトラ

登場人物はバラエティに溢れ、心模様は激しく移り変わり
情景と心情が大きくコントラストをつけて物語を盛り上げていく

これほど激しい段を見事に語りきる駒之助師匠、
そして撥を弾く津賀花さん

至芸でございました。

ウチは今まで近松門左衛門という人の作品を
随分誤解していた気がします。

この情景、心情のコントラスト、激しさ、美しさ
今まで聴こえてなかった、見えてなかったもんを
教えていただきました。

駒之助師匠、津賀花さん 有難うございました。
また来年もぜひ聴かせて下さいませ。
楽しみにしています。

女流義太夫の魅力
日本の音楽・楽器
日本伝統文化振興財団
2004-09-21





7月10日は文楽劇場小ホールへ
花魁蕾八房 復曲試演会に伺いました。

P7100092

花魁蕾八房は曲亭馬琴の読本 『南総里見八犬伝』 を元にした
前編「前咲六株(はやざきむかぶ)」後編「遅咲六株(おそさきむかぶ)」
合計十二株、十二段のお浄瑠璃です。

初演は天保七年(一八三六)正月、大坂、中の芝居でした。

花魁蕾八房 古書データは大阪市立図書館の
デジタルアーカイブでご覧いただけます。


h_01


「南総里見八犬伝」はNHKで人形劇を見ていた世代の方なら
誰でも知っているスーパーフィクション冒険活劇です。

この浄瑠璃の復曲試演企画は全部で4回(やったと思う)。
今回はその締めくくりとして「富山の段」を試演されました。

お三味線は錦糸さん
太夫は千歳さん
解説は久堀先生
トークの司会は産経新聞の亀岡さん

めっちゃ豪華キャスト(*´ω`*)


P7100094

◆富山の段あらすじはこんな感じです。

犬の八房と富山に籠もる伏姫は最近どうも体調がおかしい
池に映る自分の姿が時々犬に見えたり、また戻ったり。

牛に乗った童子が現れ姫に言う
「それ悪阻や」
「八房の念であんたの腹に八つ子宿ってるけど
仏さんの力で里見家の忠臣に生まれ変わるよし」

姫、死ぬ覚悟を決める

金鞠こっそり八房を撃ち倒すも一緒に姫にも弾を当ててまう

金鞠必死に姫を介抱するも姫自ら懐刀を自分の身体におっ立てる

山内が義若丸や家臣天崎らと一緒に
「夢のお告げで富山登れ言われてん」と登場

姫「自分が死んでも数珠の八つの玉が忠臣の子だねとなり
敵の定政・高吉を滅ぼす」
そう言うて数珠を押しもむと八つの玉が空に舞い上がり光を放って飛び散る

金鞠、丶大法師(ちゅだいほうし)と名乗り
天崎と協力して八つの玉の行方を探しにレッツゴー

h_02

千歳さん、錦糸さんのお浄瑠璃にあわせて、ずっとテキストの文字を
目で追うていましたが、お浄瑠璃の力で目の前にそのシーンがありありと
浮かび上がってきました。

クライマックスはもちろん数珠が飛び散るシーン。
ぱあああああああああああああああああああああああああああっと
辺り一面が輝いた。

すばらしかったです。
めちゃめちゃ面白かった。

*********************************************

久堀先生の解説はいつもながらわかりやすかったです。
事前に先生のお話を伺う事で浄瑠璃を深く感じることができる。

産経新聞の亀岡典子さん、トークのファシリテータお見事でした。
おかげで千歳さんと錦糸さんから興味深いお話を伺えました。
点のひとつに至るまで意味を考え解釈する。凄いお話でした

トークではすでに出来ている伏姫の頭も見せていただきました。
ざんばら髪の前は伏姫、後ろは犬というケッタイな頭ですが
この物語には無くてはならん重要な頭です。

ずいぶん前に、この浄瑠璃を文楽でする企画があったか何かで
こさえてもろたという事でした。

せっかくこんな頭もあるんやし、めちゃくちゃ面白いお話やし
文楽でやって欲しいなあと切に願います。
色々大変な事は多いと思いますが、ぜひぜひ(^人^)

*********************************************

復曲試演会の余韻はまだまだ残っているのですが
あっという間に夏休み文楽特別講演が始まります。

「大塔宮曦鎧」は錦糸さんが復曲、試演を重ねて
平成25年に国立劇場での上演にこぎつけ
今回大阪では126年ぶり、国立文楽劇場では初上演の演目だそうです。

どんなんなんやろなあ(*´ω`*)
めっちゃ楽しみです。






7月1日は西宮の白鷹禄水苑さんへ

P7010010

能と浄瑠璃の競演
『能楽小鼓と文楽三味線で綴る「海士-玉取り伝説-」』
を、聴きに伺いました。

P7010018

「海士(あま)」は能の五番物。

讃岐の志渡寺に伝わる海女の玉取り伝説をもとにした狂言で
世阿弥が改作した(かもしれない)と言われています。

能としては知らなくても「海女の玉取り伝説」として、
絵本や昔話などでご存知の方も多いことでしょう。

※ストーリーの全体像は、こちらの機械朗読がわかりやすいと思います。


私は能には不安内なんですが(シテ方って何なん?というレベル)
このお話に興味があり、それを能と浄瑠璃でセッションするということで
思わず飛びついてしまいました。

このメンバーでのセッションは今回が4回目だそうです。
4ヶ月前、藤蔵さんが名古屋での公演を終え、食事をしていた所に
小鼓の久田先生からお電話が来て企画が始まり
わずか4ヶ月間で開催の日を迎えたそうな。

脚本は梅若基徳さん。作曲は藤蔵さん。

亡霊のオカンを謡うのは梅若基徳さん、
息子は津駒さん

オカン追善のため志度の浦を訪れた前房大臣御一行様の前に現れた1人の海人。
従者が彼女に水底に映る月を見るための「みるめ」を潜って採って来いと
言うたところからオカンが昔話しを始めます。

「名珠はこの沖にて龍神にとらる。大臣御身をやつし。かの玉をかずかせんが為にあま乙女と契りをこめ。一人の御子を儲け給う。今の房前の大臣とかや。」
 
「されども心にかかる事は。この身のこりて。母知らず。ある時功臣語りていわく。かたじけなくも御母は。讃州志度の浦房崎の。あまり申せば恐れなりとて詞をのこす。さては卑しきあまの子。賎の女の腹に.宿りけるか。」

海人の昔語りに、

お母ちゃんなん?もしかして、ボクがずっと気にしてた
あんたがボクのお母ちゃんなん?

と、驚く前房の前で海人オカンが当時を再現。

深い海の底、荒れる波、襲いかかる龍、宝珠を守るため切り裂く我が乳房の下。
描き出されるのはオドロオドロしいほどの激しい情景。

「大悲の利劍を額にあて。龍宮の中にとび入れば。左右へばっとぞのいたりける。そのひまに宝珠を盗みとって。逃げんとすれば。守護神追っかく.かねてたくみし事なれば。持ちたる劍をとりなおし。乳の下をかききり玉おしこめ.剣をすててぞふしたりける.龍宮のならいに死人をいめば。辺りに近づく悪龍なし.約束の縄を動かせば。人々喜び引きあげたりけり.玉は知らずあまびとは海上に浮かみ.いでたり。」

「かくて浮かみはいでたれども。悪龍の業と見えて。五体もつずかず朱になりたり。玉もいたずらになり。母もむなしくなり給うと。大臣嘆き給えば。その時息の下に。わが乳の辺りをみ給えとのたもう。あやしみ見ればげにも.劍のあたりたる跡あり。そのうちより光明かくやくとある玉を取り出だしたり。さてこそ約束の如く。御身も世つぎの位を受け。この浦の名によせて房﨑の大臣とは申せ。今は何をかつつむべき。これこそ御身の母.あまびとの.幽霊よ。」

藤蔵さんのお三味線はいつも文楽で聴くそれとは違い
渦巻く波のように激しい音を奏でていはりました。
そこに小鼓と笛が重なるクライマックスは鳥肌が立つほどファンキー。

至芸にございました。

P7010004

この日のドリンクサービスは蔵出し原酒。
冷えたお酒を美しいお庭で頂きました。
めちゃめちゃ美味しかったです(*´ω`*)

禄水苑さんは伝統芸能系の様々なイベントや講座をしていはります。
会場の宮水ホールは程よいサイズで、すごく楽しめますし、
お酒もいただけますし、ご興味のある方はぜひチェックしてみて下さい。

◆白鷹禄水苑
P7010012


私もまた、機会あれば寄せていただこうと思います。
この度はお世話になりました。
有難うございました(^^)

*********************
◆おまけ

行きしなに阪急西宮北口で今津線の乗り場を間違えて
門戸厄神方面へ行ってしまいました。
ウチ的には「今津線=門戸厄神」やから(;・∀・)

で、門戸厄神を過ぎた所で気づきあわてて甲東園で下車。
電車の中もホームも走って走って、阪神西宮へついたのは開演13分前。
そこから浜風に煽られ着物の裾翻してどうにかこうにか
「よかった間に合うたε-(´∀`*)ホッ」とたどり着いた受付には
和生さんが(@@)。

人間国宝を前に「こんにちは」とお上品に振る舞える余裕もなく

「あ、和生さんや!」と言うてしまうわ
「今津線間違えて門戸厄神向いて行ってしもた」と白状するわ
ほんまにウチって(ノ∀`)

ともあれ、今度からはもうちょっと時間に余裕を持って
電車も乗り間違えんようにしようと思います(〃∇〃)






昨日は午後から文楽劇場へ
国立文楽劇場文楽既成者研修発表会
若手素浄瑠璃の会に伺いました。

P3010080

◆車曳の段

碵君の語り、まるで高校野球のようでした。
小細工なしの力いっぱいで気持ちよかったです。

素浄瑠璃は音でイメージを巡らせたいので
メガネははずし、明後日の方を向いて聴くのですが
今回は音で絵を描くのは難しく
途中からメガネをかけて、汗だくのお顔を見せていただきました。

最初から全力疾走やったなあ。
最後までよう気張らはりました。

これからお稽古に励むと共に、人としての経験を積み重ねながら
この方の義太夫節はどない変わって行くのかと思うと本当に楽しみで
せめて碵君が中堅になるまでは生きていたいなあと
思わされたことでした。

清允君、緊張してはった。
時間はかかりましょうがぜひご精進遊ばして、
良いお三味線方になって下さいませ。


◆組討の段

靖さん、ヨカッタ。泣いた。

文楽で一度も見たことないにも関わらず
目の前に情景がぶわっと広がりました。

南無阿弥陀仏で落ちる敦盛の首、
首を撫でさすり泣きながら息絶える玉織姫、
首を包み涙ながらに馬を曳いていく熊谷

すべてがそこにありました。
首を落とす瞬間は怖くて目を閉じた。

錦吾さん、お師匠様が聴きにいらしてました。
終演後、お客様とお話をしてはりましたが
楽屋でお勉強があったのやないでしょうか(ノ∀`)

修業が進めば進むほど、難しい事も増えて行くと思いますが
ぜひぜひお気張りあそばして、良いお三味線方になって下さいね。

*****

平日のお昼間にも関わらず、文楽劇場小ホールはほぼ満員。
大勢の文楽、お浄瑠璃ファンの方がお出ましになっていました。

ウチは今回初めて寄せて頂きましたが行ってヨカッタです。
春の訪れとともに、良いお浄瑠璃を聞かせていただきました。
ありがとうございました(*´ω`*)






↑このページのトップヘ