文楽とか浄瑠璃とか

文楽のことなど徒然に

カテゴリ: 文楽

9月8日は文楽劇場へ
ふるさとの人形芝居2日目「淡路人形芝居」に伺いました。

azaji_shibai_01

お席3列26番にて

衣装山

2月に淡路で見せていただいた山よりも大きく
とても見応えがありました。
写真撮影禁止というのも良かったと思います。
やはりこういうものは、じっくり衣装に注目したい。
着物好きにはたまらない演出です。

玉藻前曦袂
azaji_shibai_03

国立国会図書館デジタルコレクション書誌ID:000000508453
玉藻前曦袂 浪岡橘平 等著 金桜堂/明治25年7月出版

道春館の段

好きな一段です。
大きな動きはありませんが、
登場人物それぞれが胸に抱えた思いをしっかり表現されていた。

人形がいいですね。
淡路独特の大きな首に合わせて、当然動きも大きいのですが
それを感じさせる事なく、深く静かな悲しみを描き出す。
クライマックスでは、その大きさを存分に活かして
ダイナミックに演出する。

友庄さん、友勇さんも良かったです。

友庄さんは、2月に金殿の段を聴かせて頂いた時、
ええ太夫さんがいてはるなあと思うていたのですが
今回も変わらず、良い義太夫を聴かせていただきました。

少し話しがそれますが、淡路のだんじり唄は
数十人の歌い手さんが、役割分担をして、一段を歌い切る。
ソロパートは当然、皆さん全力で唄い語るわけで、
それはそれは見事です。玉三(玉藻前曦袂三段目=道春館)
金藤次のクドキなど、それだけで泣けるほど凄い。

そんな歌い手さんが山のようにいる淡路島で太夫をする、
こういう数十人の唄以上の語りを一人でする、
DNAレベルで聞く耳を持った人たちが認める語りをする
というのは、凄いプレッシャーやと思うんですが
それゆえに、淡路の太夫さんは強くなるんやろなあと
思わされたことでした。

azaji_shibai_05
国立国会図書館デジタルコレクション書誌ID:024153801
安倍泰成調伏妖怪図 香蝶楼豊国,豊国

神泉苑の段

面白い。
あの大きな狐の登場から玉藻前の狐面、
そして神鏡の威力で狐退治まで。

悪役が若い娘に近づくも、実はその娘は狐で
ほなら一緒に悪さしよう、権力を掴もうと企てるも
ヒーローに神様の鏡でやっつけられるという

SFエンターテイメントの王道を行く
ケレンの世界を存分に楽しませて頂きました。

太夫の友和喜さん、お三味線の友弥さんもヨカッタ。
こういうお姫さんとか、妖狐とかのフィクションは
女義の声が登場人物にしっくり重なって
エンタメ度もパワーアップするなあと、
思わされたことでした。

azaji_shibai_04

国立国会図書館デジタルコレクション書誌ID:000000506588
絵本三国妖婦伝 下編 高井蘭山 著 出版 木村文三郎 明治17年11月

狐七化けの段

狐七化け=新九郎さんオンステージ。
淡路のケレンと、新九郎さんご本人の魅力を存分に楽しめる。

お唄もとても楽しく、そしてちょっと色っぽく
こういう歌詞や、それに合わせた遣いは
世界中何処へ行っても楽しまれるやろなあと思いながら、
聞いて見ておりました。

エンディングは、まさかのフライングフォックス。
華やかな幕切れに、劇場中に拍手が響き渡った。
お見事でございました。

床も皆さん、しっかり揃っていてヨカッタです。

人形は、新九郎さんの見事な遣いに引き込まれるのはもちろん
遣い手さんご本人の魅力も凄いというか。
人形の遣いに重ねて、遣い手さんにまで色気を感じるやなんて
こんなこともあるんやなあと、正直びっくりしてしまいました。

新九郎さんは、人形遣い+役者の両方をなさってるんかな
それはそれで、素敵な事やなあと、思わされた事でした。


************************

淡路の人形芝居が文楽劇場でかかるのは
今回が初めてということで、
劇場の大きさを生かして、
どんな演出をなさるのか
とても楽しみでしたが、
期待以上に、楽しませて頂きました。

またぜひ大阪、文楽劇場で
淡路のケレンを存分に楽しめますように(^人^)

淡路人形座の皆さん、有難うございました。




8月2日は国立文楽劇場へ
夏休み文楽特別公演第2部に伺いました。

kanadehon_01

仮名手本忠臣蔵の三分割通し公演の第二回目です。

五段目  山崎街道出合いの段/二つ玉の段
六段目  身売りの段/早野勘平腹切の段
七段目  祇園一力茶屋の段 

チケットは初日前にまさかの全席ソールドアウト。
本当に大勢の方がお運び下さっていて、とても嬉しかったです(*´ω`*)

IMG_0653

お席1列14番にて

個人的な感想ですが、あくまでもウチ的には
この公演は5段目から6段目が聴き応え、見応えがありました。

勘平とおかるを翻弄するのは理不尽か
それとも、先に仕出かした事の因果か

所詮は抗えん運命のやるせなさを感じながら
どっぷり文楽の世界にはまり込ませて頂きました。

身売りの段

咲様、燕三さん よかったです。

 「アイ」「ヤ」「アイ」「ヤ、ヤ、ヤ」「アイナア」

 「なんの因果で人並な娘を持ち、この悲しい目を見る事ぢや」と
 歯を食いしばり泣きければ、娘は駕籠にしがみつき、
 泣くを知らさじ聞かさじと、声をも立てず咽せ返る。

段切りは胸に迫るものがありました。

勘平切腹

呂勢さん、清治さん、とてもよかった。
清治さんってあんなふうに掛け声をかけはるんや。
普段あまりそういう事をなさらない方やと思うていたので
びっくりしておりました。

和生さん勘平、絶品でした。
黙って俯いている姿がとても美しく
切腹の最後、こと切れる瞬間は素晴らしかった。

一輔おかる、切なかったです。
惚れた男のために身を売る複雑な感情がようわかった。

亀次与市兵衛、簑二郎女房もヨカッタです。

kanadehon_02

祇園一力茶屋の段

床も手摺も豪華な演出。
由良之助、おかる、平右衛門、九太夫。
聴き応え、見応えがありました。

一番の眼福は、何というても簑助おかる。

2階の障子を開けて柱にもたれかかり
風にあたるおかるの姿は、得も言われぬ風情、美しさで
ほうとため息をついたことでした。
一輔さんもよかったです。

玉翔力弥は春から引き続きイケメンキープでGJ。
咲寿君もしっかり語っていた。
力弥は好きなキャラクターなので
ぜひぜひ今以上にイケメン度高めて欲しいところです。

次はいよいよ秋ですね。
楽しみです。

よい文楽になりますように(^人^)


7月30日は国立文楽劇場へ
夏休み文楽特別公演第3部に伺いました。

kunikotoba

国言詢音頭(くにことばくどきおんど)は
元文2年(1737年)7月2日 曽根崎新地の茶屋で
薩摩藩士が遊女を含む5人を斬り殺したという
実際の事件を題材として書かれたサスペンス・スプラッターです。

原作は上中下の三巻、ですが、正本は刊行されず
現存するのは「下の巻 五人伐(ごにんぎり)」抜本のみ。

初演は天明8年、その後改作を経て、大川の段、大重(五人伐)のみの
2段上演が定着しました。
(※以上、2019/8/4 鬼鳥庵 久堀裕朗先生のお話から)

kunikotoba01
大阪市立図書館デジタルアーカイブ
『竹本彌太夫遺文庫827 國言詢音頭 下の巻 五人伐の段』(床本)

物語自体は非常にシンプルなのですが、
演出のえげつなさ、気色悪さ、恐ろしさ、
そこに重なる悪の魅力を存分に味わえる作品です。

今年は久々に本水も使用。
なぶり殺し、はねた首の唇ねぶり回し
血まみれの解体ショーを見せつけられ
背筋を凍らせた挙げ句に本水でさらに冷やされるという、
猛暑の夜にピッタリの最高の仕上がりでした。

すでに日が経ってしまいましたが
感想を下記に少しだけ。
お席1列14番(井戸の前)にて
IMG_0626

国言詢音頭 
大川の段


浄瑠璃の中に心情描写はほとんど出てこない初右衛門の
心の内を微妙な人形の顔の傾きや目の動きで感じさせる。
人形遣いの醍醐味を、初右衛門登場からじっくり味わえます。
玉男さんの遣う人形はやっぱり色っぽい。

清十郎菊野、勘彌仁三郎 とても良い感じでした。
そして玉志伊平太の誠実。

町衆が都市を治めていた江戸期の大阪では
薩摩の名君、島津家に仕える侍であろうとも
どこか田舎者と馬鹿にされていた様子もよくわかります。

豆腐の御用のパロディなどもあり
ちゃらけた楽しさもある段ですが
段切りに全てが闇へと反転する。

  ハヽヽヽ初右衛門を灯蛾だと思ふか。

  ・・・・・・

  胸の空鞘打割りし、心の寝刃研ぎすまし、川辺伝ひに

睦さん、清志朗さん、ヨカッタです。

kunikotoba02

五人伐の段(大重)

この段、本当に聴き応え、見応えがありました。
何というても玉男初右衛門のえげつなさ、色っぽさ。

皆の前で一旦は許すそぶりを見せ安心させた後で
恨みつらみ一切合切をその刀にまとわし全てを斬り殺す。

 蛍火に思ひ焦がれて身を焦がす、今日のうつゝは明日の夢

 ・・・

 桐の葉落とす秋の風。
 更ける夜すごく降る雨の、小止みもやらぬ瞋恚の邪念、
 また立戻る初右衛門

 ・・・

 我より先へ飛ぶ虫に灯火消えて真の闇
 
自分は夜の灯に近づき自らを焼いてしまう
蛾のような愚か者ではないとタンカを切った初右衛門が
灯りならぬ邪念の炎に自らを燃やし闇へと入り込んで行く。

真の闇に浮かび上がる邪念の炎。
降る雨に消える事もなく燃え上がる。
この対比のなんと美しい。

kunikotoba03

菊野の首を腕で締め身体のいたるところを刀で突き切り
最後は腹にぐっと深く刺し込み、屍となったその首を切り落とし

 髻掴んで掻切る首、
 血に染む丹花の唇をねぶり回して念晴らし

おそらくは、どれほど金を遣っても
菊野は八右衛門に唇は許さんかったのやないでしょうか。

田舎侍は、それでも、遊女の嘘にのぼせ上げ
とうとう御用金にまで手を付けてしもうた。

そこまでして恋い焦がれたその唇から
まるで大川の水が溢れ出るかのように
自分を嫌う言葉が途切れる事なく流れ出た。

憂さ晴らしどころやない。
どれほどねぶり回しても全く足らん、
その唇を切り取って食べてしまいたいくらいには
思うていたのやないでしょうか。

このシーン、ほんまにヨカッタです。
床も手摺も、めちゃめちゃえげつなかった(褒め言葉です)

この後の連続殺人もそれはそれはえげつないんですが
やはり菊野惨殺がコアやね。
この勢いで後は全部殺しまくる。
仲居の解体ショーなど、凄まじかったです。

kunikotoba04

ラストシーン、井戸で足を洗う場面は
ドキドキするほど美しかったです。

人形の足がこれほど色っぽいとは知らんかった。

なんでこんなに色気を感じたのか全くわかりませんが
ここだけでも繰り返し何回も見たいと思うほど。

やがて足を洗い刀にサラシを巻きつけた八右衛門は
下駄を履き、蛇の目をさして、どこか風流に、どこか美しく
大きく笑って去って行く。

  山寺の春の夕暮来て見れば
  ハヽヽヽヽヽヽ、アリヤ寒山寺諸行無常の鐘の声、南無阿弥陀仏

  弥陀仏の西の国へと急ぎ行く、
  不敵なりける次第なり。


****************

初右衛門というキャラクターがあまりにも魅力的やったので
感想の中心が彼になってしまいましたが、
清十郎菊野、おすみ紋臣の絡みなど、
とても良い雰囲気で楽しませていただきましたし
仁三郎とおすみの絡みもええ味を出していはりました。

織さん、藤蔵さん、
千歳さん、富助さん、清允さん
皆さん、ヨカッタです。

特に大重。

素晴らしかった。
有難うございました。



7月23日は国立文楽劇場へ
夏休み文楽特別公演第一部に伺いました。
2019summer_01

まず最初に、今年の親子劇場ですが、一言で申しますと
「めっちゃ( ・∀・)イイ!!」。

本気本物のガチ文楽です。
浄瑠璃が音曲ということもよく分かる。
ちびっ子が楽しめるような仕掛けも満載で
素晴らしいエンターテイメントになっていました。

以下、簡単に感想を。

IMG_0527

まずは小住ンの説明から。
渡し場に至る経緯、すなわち、若い男女の痴情のもつれを
ニコニコしながら、ちびっ子たちに話して聞かせる小住ン。
ステキでした(*´ω`*)

日高川入相花王 渡し場の段

三輪さんやっぱり美しい。
大好きなこの段を三輪さんで聞けて嬉しかったです。

  さては悋気嫉妬の執着し、邪心執念いや勝り、
  我は蛇體となりしよな。もはや添はれぬこの身の上、
  無間奈落へ沈まば沈め、恨みを云ふて云ひ破り、

  取り殺さいでおかうか

どんどんヤバくなっていく三輪さんの清姫に
文昇さんの遣いが重なり
ガブの瞬間はゾッとするほど怖かった((((;゚Д゚))))。

芳穂さん、美声が響いておりました。
勘市さん、船頭をとても丁寧に遣っていらした。
指先の細かい動きまで、しっかり見せて頂きました。

咲寿君、良かったです。
ソロパートはワンフレーズでしたが、声がよく伸びて
とても美しく感じられました。

亘さん、とても落ち着いていらした。

大蛇となった清姫が川を渡りきったシーンは美しかったです。

清姫が愛だけで安珍を追いかけていた渡し場は真っ暗で
川を渡りながら、愛と憎しみに揺れ動いた清姫の心が
やがて対岸にたどり着き、憎しみMAXになった瞬間
ぱっと舞台の幕が落ち、光の中、桜が咲き乱れる。

これを陰陽というのでしょうか。
相反するものをひとつところに置くことで、それぞれを引き立てる。

浄瑠璃の構成や文楽の舞台にはこういう演出が多くて
本当に素晴らしいですね。

IMG_0525

文楽ってなあに

人形遣い解説は「プロレラーが登場するように(by玉翔君)」
客席の後ろから、ちびっ子たちとハイタッチをしながら人形が舞台へと。
盛り上がりました。人形遣い体験、やっぱり面白い。
浴衣を着た、おやゆび姫みたいな可愛らしい女の子、
ようがんばって遣いはりました(*´ω`*)

IMG_0524

かみなり太鼓

織さんの「あつい、あついぞ、あついで、あつい」から
玉佳トロ吉が雲の上に帰るまで、とにかく面白くて笑いっぱなし。
浄瑠璃も人形も全てがよろしく、特にお三味線は、
清介さんワールドを心ゆくまで堪能させていただきました。
仕舞いのオチまで、あっと言う間の1時間弱でした(^0^)

笑いどころが山のようにあって、
ツボを言い出すとキリがないんですが、
その中でも、ウチ的に一番ツボったのは、やっぱりお母ちゃん。
あの肩衣はいつの間に支度したんや(^0^)

もっともっと細かく、如何にこの文楽が面白いかを
全力で紹介したいのですが

「うそか ホンマか わからぬはなし
 よそで いうたら あきまへん」

ご興味のある方はぜひぜひ、文楽劇場にお運びいただき
この素晴らしいエンターテイメントをお楽しみ下さいませ。
大きいお友達1人でもノープロブレムです。

チャーミングな緞帳チェックもお忘れなく(*´ω`*)

IMG_0526

楽しい親子劇場のおかげで、
今年の夏文楽はとても良い始まりになりました。

来週はいよいよ、国言詢音頭そして仮名手本忠臣蔵へ。
良い文楽になりますように(^人^)





6月16日は国立文楽劇場へ
文楽鑑賞教室 後半午前の部(C班)に伺いました。

2019kansyokyoshitsu

鑑賞教室は配役が4パターンに分かれています。
全パターンご覧になる方も多いのですが
私にはそんな贅沢は叶わず。
配役は絶妙で、どれかひとつに絞るのはとても難しいのですが
悩んだ末、今回はC班にした次第です。

IMG_0233

五条橋

楽しい演目です。
お三味線が軽快で心地好い。
弁慶・牛若丸も良かったです。

解説・文楽へようこそ

太夫・三味線・人形
三業すべて超のつく真面目なお三方で(ノ∀`)
これほど真面目な解説は初めてでした。
お客さんの人形遣い体験がなかったのはちょっと残念。
時間的に難しいなら仕方ないですね。

菅原伝授手習鑑 四段目 

寺入り

寺子屋の前の、とても大切な場面ですが
少し難しかったでしょうか。
人形は無邪気さと乱雑さが混じり合っていた気がします。

寺子屋(四段目の切)

織さんVS藤蔵さんのど迫力ハードロックから
靖さんVS錦糸さんの情深い浄瑠璃まで、
違うタイプにも関わらず不思議とドラマはひとつに繋がって、
随分と聴き応えがありました。

この前と後の落差があったからこそ、
後の悲しみがじわじわと増幅した。

玉志松王丸、玉佳源蔵、一輔千代、堪能いたしました。
玉志さん松王丸、あの表情、あの動き、あの涙。

 ーアノにつこりと笑ひましたか/\、
  ハヽヽヽ。
  ハヽヽ、ハヽヽハヽヽ、ムヽ。
  ア、アハヽヽヽヽ。
  出かしをりました。

松王丸が首を差し出した我が子を出かした!と笑う
その笑い声に客席が咽び泣く。

いつもいつも繰り返し書きますが、
玉志さんという方は本当に上手い。
決して華美に走らず、アートに走らず
静かに、けれど十分に、その役の心根を表現する。

玉佳さんもそういうふうに遣われているようにお見受けします。

このお二人のコンビは、初春の、阿古屋琴責の段でも感じましたが
静かで上質な魅力がある。阿古屋の左を遣っていはった一輔さんが
今回は千代として、そこに加わった。

駕籠の扉の隙間から小太郎の亡骸に手を合わせる
千代と松王丸の後ろ姿の悲しさよ。
人形は背中で泣かせます。

菅秀才・御台所母子の再会、
松王丸夫婦は我が子と今生の別れ。

生きる母子は色鮮やかな着物を纏い、
葬る息子、送る夫婦は色の無い白装束。

  いろは書く子をあへなくも、散りぬる命、是非もなや。
  明日の夜誰れか添乳(そえぢ)せん。らむ憂ゐ目見る親心、
  剣(つるぎ)と死出のやまけ越え、あさき夢見し心地して、
  あとは門火に酔ひもせず、京は故郷と立別れ、鳥辺野指して連れ帰る

いろは送りは本当に美しかったです。
この曲が、この人形が、これほど美しいということを
今回初めて知りました。

鑑賞教室とは思えぬ、十分に本公演級の素晴らしい文楽でした。
有難うございました。



↑このページのトップヘ