国立国会図書館デジタルコレクションで公開されている
奥奉公出世雙六です。
とても楽しい双六なので、これを1つずつ分解してみたいと思います。
双六に書かれている台詞は双葉社様の翻刻を使わせて頂きました。
意訳は私がしているので、おかしな箇所も多いかと思いますが何卒ご容赦を。

okubouko_small_size
奥奉公出世双六
著者:国貞改二代豊国 出版者:上州屋重蔵 
国立国会図書館デジタルコレクション

御部屋様 ーおへやさまー
将軍の側室。男子を出産することで御部屋様となる。
danshiti_jima賽の目
三:御小姓
六:上り

われわれなぞの
いやしき身が
このやうに
出世するのも
みな天とうの
おめぐみこれにつけても
おくさまハたいせつに
おもハねバならぬぞかし

【意訳】
私たちのような、
いやしい身分の者が、
(将軍家や公家などの
血筋ではないということ)
この様に出世するのも
全てはお天道様(神様)の
お恵み(思し召し)です。
これにつけても
奥方様(御台所)は
大切にしなければなりませんよ。



中老 ーちゅうろうー
将軍や御台所の身の回りのお世話をする。将軍のお手つきは側室に。
churo

賽の目
一:老女
四:上り
六:おへやさま

人のおちどをいふハ
やすけれど奉公する
身ハあひたがいどうがな
しておいとまに ならぬ
やうに
とり
なし
やうが
あり
さうな
もん
だぞ

【意訳】
人の落ち度を言うのは
容易いけれど
奉公するもの同士
お互いに、どうにかして
お暇にならないよう
取りなしようが
ありそうなものですけれどねえ。

老女 ーらうじょ(ろうじょ)ー
大奥の総監督。
roujyo

賽の目
一:上り
三:御次

ついにない
このはるハ
おひめさまか
みな/\よく
つとめたに
よつて
御やく
がへの上
御ほうびを
くだされ
ますゆへ
ありがたく
御いただきなされませ

【意訳】
滅多にないことです。
この春はお姫様から、
皆が良く勤めたからと
お役替え(出世)の上
ご褒美を下さいますから
有り難く 頂きなさいませ。

御側 
ーおそばー
将軍や御台所のお世話をする上級の奥女中
osoba

賽の目
一:中老
六:部や屋

ヘイおひめさまハお手ならひを
あそばせそのやうにおあそびに
お身がいつてハなりません
これハしたりまた
そのやうな
きたない
おかほを
あそばして
おむずがりますな

【意訳】
さあ、お姫様はお手習いを
なさって下さい。
そんなふうに、
お遊びになってばかりでは
いけません。
まあ、なんてことを。
そのような悪いお顔をして、
ご機嫌を悪くなさらないで
下さいな。