1月24日は文楽劇場へ
初春文楽公演第1部に伺いました。
bunraku2020_01

演目は、
七福神宝の入舩(しちふくじんたからのいりふね)
傾城反魂香(けいせいはんごんこう)土佐将監閑居の段
曲輪ぶんしょう(くるわぶんしょう)吉田屋の段

お席1列17番にて

shichifukujin_takaranoirifune

七福神宝の入舩(しちふくじんたからのいりふね)

神様の新春かくし芸大会です。
幕の内側までずらっと並んだ太夫7人、お三味線7人
そして7人の神様(21人の人形遣い)と
総勢35人の技芸員の皆さんが七福神となり
観客に芸を披露、初笑いを贈ってくれました。

よう笑うたなあ(*´∀`*)

最後は錣太夫の襲名をお祝いして
やんややんやの拍手喝采。

初春らしい、明るく楽しい文楽にございました。
domomata
竹本津駒太夫改め六代目竹本錣太夫襲名披露狂言
傾城反魂香(けいせいはんごんこう)土佐将監閑居の段

錣太夫、この度のご襲名、誠におめでとうございます。
吃又、とてもよろしゅう御座いました。

不自由な口で、土佐将監に訴える又平の姿は
胸に迫るものがあり、気がついたら泣いておりました。

この段、床も手摺も全てよかったです。
技芸員の皆さんが太夫の襲名を盛り上げた。
実直な錣さんのお人柄がよく分かる口上は
とても素敵でした。

言葉が出るようになった又平は、
まるで生まれ変わったような気持ちで
美しい言葉を話しながら
毎日を過ごして行くのでしょう。

錣太夫もまた、新たなる日々の始まりですね。
これから、どんな素晴らしい語りを聴かせていただけるのか
とても楽しみです。
益々のご活躍を祈念しております。

yugiri

曲輪ぶんしょう(くるわぶんしょう)吉田屋の段

昭和61年の初春公演で初めて見てから
随分長い時間を経ての2回目の鑑賞となります。

母に無理やり初日か4日かに連れて行かれた
あの時のことはほとんど覚えていませんが、
「お母ちゃん、またベンベン(※)かいな」と、呆れていた自分が、
当時の母の年令を超えた今になって
同じように劇場通いするようになるとは
思いもせんかったなあと、開演前に1人でクスクス笑うて、
ヘンなおばはんになっておりました。
(※実家の符牒。ベンベン=文楽・浄瑠璃)

前置きが長くなりましたが、簡単に感想を。


口、勝平さんのお三味線は、とても美しく感じました。

伊左衛門 咲様 VS 燕三さんお三味線のなんと美しい。
藤さん喜左衛門も、イケメンでした。
南都さん、咲寿君もよかった。
織さん、少しお疲れでございましたでしょうか。

手摺
まさか正月早々パワーアップしたコタツ男を楽しめるとは
思うておりませんでした(^o^)
優柔不断な若旦那イケメンモードも全開で
玉男さん、伊左衛門とてもよかったです。

和生さんの夕霧はとてもチャーミング。
花魁なのにどこか娘っぽくて、可愛くて、素敵でした。

勘壽さんの喜左衛門、カッコよかったです。

玉翔君、紋吉さん、大道芸、笑いました。

餅つきチームの皆さんも楽しかった。

簑助さん女房おさき、いつもどおりの異次元の遣い。
堪能させていただきました。

IMG_1998

今年の初春公演第一部は、文楽には珍しく
全てハッピーエンディングな浄瑠璃ばかりで、とても楽しかったです。
おかげで、良い気分で劇場を後に出来ました。
有難うございました。

IMG_2003

帰りしな、にっぽん文楽のチケットも買いました。
お天気になりますように。
4月はいよいよ義経千本桜の通しですね。
楽しみにしています(^^)

◆おまけ

IMG_2004

このビールを飲んだらエビでタイが釣れそうな気がして
ついつい買うてしまいましたとさ(*´ω`*)