1月8日は文楽劇場へ
初春文楽公演第2部、加賀見山旧錦絵に伺いました。

IMG_1862

加賀見山旧錦絵(かがみやまこきょうのにしきえ)は
江戸中期、加賀前田藩で起きたお家騒動に取材した
女忠臣蔵とも呼ばれる仇討ち物語です。

原作は全十一段の大作ですが、
今回は六段目、七段目を中心とした
四つの段が上演されました。

お席1列17番にて

IMG_1867

まず全体の感想として、初春を飾るに相応しい
聴き応え見応えのある、素晴らしい文楽だったと思います。
床も手摺も、秋の山科閑居に続いて、最強の布陣で
凄い迫力でした。
kagamiyama_02

◆草履打の段

清治さんのお三味線のリードで
若手5人の太夫さんが、とてもしっかり語っていらして、
聴いていて嬉しかったです。

6月の若手会のあの感動が蘇るような、
そんな浄瑠璃でございました。

靖さん、代役お疲れ様でした。
呂勢さん、どうか1日も早くご回復なさって
語りを聴かせて下さいますように。

玉男さん岩藤、女形を遣われるのは初めて見ましたが
骨太の、品格あるイケズがたまりませんでした(*゚∀゚)=3

和生さんの尾上、堪えて堪えて堪えて涙(´;ω;`)

文哉さん、鷺の善六、良かったです。

kagamiyama_01

◆廊下の段

噂話に花を咲かせる腰元からラスボス岩藤、
お家乗っ取りを企む弾正、戸惑うお初まで

短い段の中に癖のある登場人物が複数現れ、
その場の雰囲気も都度変わる、難しい一段ですが
籐さんVS團七さん、その難しさを全く感じさせない
ステキな浄瑠璃で、すっとそこに入っていけました。

玉輝さん弾正、めっちゃ悪い奴っぽくて良かったです。
そして、勘十郎さんのお初はかいらしく
玉男さん岩藤はますますイケズがパワーアップ。
その恐ろしさたるや

やっぱり「奥」の話はこうでないと!

kagamiyama_03


◆長局の段

凄かった。

和生さんVS千歳さんVS富助さん
この3人の文楽は
客席にいるこちらまでキリキリさせられるような凄みがありました。

レースに例えるなら、いつクラッシュしてもおかしくない
ギリギリ限界一歩手前のところで、長局という段を3人が走り切る
その姿を、唸りを、ただ見守りながら脂汗を流す
そんな感じでしたでしょうか。

バトンを受け継いだ織さんVS藤蔵さん、そして勘十郎さんは、
そのギリギリ感から一気にエンジン爆発、ロックな文楽を
堪能させていただきました。

◆奥庭の段

錦糸さんのお三味線が素晴らしい(*´ω`*)
靖さんもヨカッタです。

勘十郎さんお初と玉男さん岩藤の戦い
どちらが勝ってもおかしくない、
一瞬、岩藤が勝つかと思わせて
お初の尾上を思う気持ちと若さがわずかにリード
無事仇討ちとなった時にはホッとしました。

そしてエンディングに登場した玉佳さん安田庄司が
イケメンすぎて。めちゃくちゃカッコよかったです。

忍び当馬を遣う玉彦さんのプレッシャーは
えげつなかったのではないかと思いますが
良く遣っていらっしゃいました。

kagamiyama_cast

草履打・廊下・長局・奥庭の段まで
床も手摺も、見事な文楽で、存分に楽しませて頂きました。
おかげで、とても良い文楽始めとなりました。
有難うございました(*´ω`*)