8月2日は国立文楽劇場へ
夏休み文楽特別公演第2部に伺いました。

kanadehon_01

仮名手本忠臣蔵の三分割通し公演の第二回目です。

五段目  山崎街道出合いの段/二つ玉の段
六段目  身売りの段/早野勘平腹切の段
七段目  祇園一力茶屋の段 

チケットは初日前にまさかの全席ソールドアウト。
本当に大勢の方がお運び下さっていて、とても嬉しかったです(*´ω`*)

IMG_0653

お席1列14番にて

個人的な感想ですが、あくまでもウチ的には
この公演は5段目から6段目が聴き応え、見応えがありました。

勘平とおかるを翻弄するのは理不尽か
それとも、先に仕出かした事の因果か

所詮は抗えん運命のやるせなさを感じながら
どっぷり文楽の世界にはまり込ませて頂きました。

身売りの段

咲様、燕三さん よかったです。

 「アイ」「ヤ」「アイ」「ヤ、ヤ、ヤ」「アイナア」

 「なんの因果で人並な娘を持ち、この悲しい目を見る事ぢや」と
 歯を食いしばり泣きければ、娘は駕籠にしがみつき、
 泣くを知らさじ聞かさじと、声をも立てず咽せ返る。

段切りは胸に迫るものがありました。

勘平切腹

呂勢さん、清治さん、とてもよかった。
清治さんってあんなふうに掛け声をかけはるんや。
普段あまりそういう事をなさらない方やと思うていたので
びっくりしておりました。

和生さん勘平、絶品でした。
黙って俯いている姿がとても美しく
切腹の最後、こと切れる瞬間は素晴らしかった。

一輔おかる、切なかったです。
惚れた男のために身を売る複雑な感情がようわかった。

亀次与市兵衛、簑二郎女房もヨカッタです。

kanadehon_02

祇園一力茶屋の段

床も手摺も豪華な演出。
由良之助、おかる、平右衛門、九太夫。
聴き応え、見応えがありました。

一番の眼福は、何というても簑助おかる。

2階の障子を開けて柱にもたれかかり
風にあたるおかるの姿は、得も言われぬ風情、美しさで
ほうとため息をついたことでした。
一輔さんもよかったです。

玉翔力弥は春から引き続きイケメンキープでGJ。
咲寿君もしっかり語っていた。
力弥は好きなキャラクターなので
ぜひぜひ今以上にイケメン度高めて欲しいところです。

次はいよいよ秋ですね。
楽しみです。

よい文楽になりますように(^人^)