続 文楽の研究、上の巻 研究と随筆 四「浪花女と文楽」では
映画「浪花女」の批評とともに、豐澤團平に関して、
その人となり、芸風、出生から三味線の名人となるに至るまでが、
詳しく紹介されています。

この中で筆者は、義太夫のシビアさ、その稽古が続けられる人の偉大さを
下記のように表現しています。

「義太夫というのは酒席の余技などとは全く違う、
 たとえ素人でも、義太夫の稽古をやり続けた人は人物である」

一例として、ある御仁の事を紹介なさっているのですが
非常に興味深かったので、ここに紹介したいと思います。

IMG_0072
出典:「続 文楽の研究」(三宅周太郎著)上の巻 研究と随筆  四「浪花女と文楽」

【下記要約】

道楽者でも、本式に義太夫を15年以上稽古しているなら
その人は道楽者とは言えない。
義太夫というのは洒落や冗談でできる余技ではない。

素人さえ、上手い下手は別として、これを二十年、三十年、
稽古している人は必ず一人物である。

あるところに某という人がいた。
この人は、質の悪い、下手な義太夫しか語れぬ人で、
彼の語る「今頃は半七さん」は「今、 頃は半、 七さん」となる
殺人的なものであった。

そのため、しばしば親戚が集り、親族会議を開いてまで、
彼に義太夫の稽古を止めさせようとした。
しかし、親戚一同からの懇願にも関わらず、
彼はそれを憮然と撥ね退け稽古を続行する。

起床は朝5時、すぐに冷水摩擦をした後、
義太夫の師匠を自宅に招き毎日稽古をした。
そして朝食を摂り会社に行く。

大抵の師匠は閉口頓首するが、お構いなしに
何度でも師匠を替えて稽古を続けた。

そして30年間やり抜いた頃、彼は某出版社の社長となり
巨万の富を得ていた。

このように、超がつくド下手な義太夫語りの某であろうとも
三十年間、親族の反対を押し切って義太夫を続けた不屈不撓の人格は
実業家として立派にものを言い、その業界の代表者となったのである。

*****************

▲要約ここまで

先日、大阪環状線に乗りながらここを読んでしまったんですが
その時、もう、笑いを堪えるのに大変でした(^0^)

想像してしもうたんです。

朝まだ暗いうちから冷水を浴び、しゅっっと褌を締め
洗いたての浴衣に着替えて神妙な顔で義太夫の稽古を始める。
緊張した空間、真剣な眼差し、その第一声が
「今、 頃は半、 七さん」。

ご家族は毎朝この方の義太夫で起きたでしょうし
ご近所にも聞こえていたでしょう。
真面目な御本人と周囲の様子を想像するともう笑いが抑えられず
電車の中で一人クスクス肩をふるわせ、
ヘンなおばはんになっておりました。

ちなみに、この章自体は、ゆるいところのひとつもない
シビアな興味深い内容で、うん、と唸る箇所も多いです。

なんでそんな所に、このような御仁の話を書いたのか
恐らく筆者は笑わせるつもりなど毛頭なく、
例としてこれほど最適なものはない!と大真面目で
紹介したのだと思います。

そんな筆者の姿が、この御仁にちょっと重なってしまい
稽古をなさっている方でも研究者でも
義太夫に関わる方って人物なんやなあと思いながら
その日一日、ふふっと思い出し笑いを繰り返したことでした。

続・文楽の研究 (岩波文庫)
三宅 周太郎
岩波書店
2005-09-16